マインドマップ講座受講者インタビュー

業務効率が10倍に!グローバル競争にキャッチアップ
部下育成・企画にも威力を発揮


元大手自動車メーカー開発部勤務
  得能英通さん(東京都)

 ●マインドマップを現在の業務の中でどのように活用していますか。
昨今の自動車業界においては、開発スピードは10年前の2~3倍と、非常に速くなってきています。世界のメーカーがしのぎを削る業界ですから、開発スピードの向上は譲れない条件です。スピードを追求するために、多面的な業務を同時並行で進行させなくてはならず、現場に求められる処理能力は非常に高いものになってきています。また、IT化がここ数年本格的に進展しており、一人ひとりが処理すべき情報量は格段と増えています。情報量の多さやスピードの速さについていけないと、ミスが発生してしまいます。

そのような状況の中、私たちのようなリーダー層は本来、もっと若手を育成しなくてはならないのですが、あまりにも時間がなく、育成がままならないのも事実です。育成ができないと、結局リーダーが部下に仕事を指示することになります。本来は部下に考えさせなくてはならないのですが、考えさせる暇もないわけです。

select8247.jpg

 マインドマップ・アドバイザー講座を受講後、部下にマインドマップの使い方を少し教えましたところ、これらの問題が一気に解決に向かいました。今は、部下が相談してきたり、困っている様子を見せていたら、マインドマップをかかせるようにしています。マインドマップをかくだけで、部下は自分で問題を解決していくようになりました。頭の中にある情報を見える化できるので、整理がつくのでしょう。自分の部下以外にも、最近では部内の後輩たちにも指導をするようになりました。今後、このような育成が会社全体に広がれば、より仕事の成果が表れてくるでしょう。

※(編集部注)マインドマップ・アドバイザー講座は制度変更のため廃止となりました。

 

tokunosanMM1.jpg

↑ 得能さんが日常的に活用しているマインドマップと色鉛筆。
ミニマインドマップを活用し、色鉛筆であとから色を塗るなど、合理的な方法も使っている。
 

 

●マインドマップを使うことでご自身の仕事の処理能力も高まりましたか。
たとえば、上司から「部内の業務改善について考えて欲しい」といった指示があったようなとき、マインドマップのおかげで、かつての10倍程度のスピードアップが図れるようになったと思っています。以前は頭の中でなんとなく考え、一カ月くらいかけて考えをまとめていたのですが、今は数枚のミニマインドマップをかくだけ。3日で企画を仕上げることができます。
これは私だけではなく、部下も同様です。何かの企画をしなくてはならないような発散思考が求められる仕事においては、マインドマップは圧倒的な力を発揮します。私の部下の場合には、社内勉強会での自身の発表内容を考えさせるのに、かなり役に立ちました。その効果はやはり10倍のスピードアップでしょう。

●旧アドバイザー講座を受講してみてどうでしたか。
30時間のトレーニングを積むことで、やはり自然とマインドマップが身につきます。強制的にさまざまなテーマでマインドマップをかかされますので、これが力になる。やはり、マインドマップはかけばかいただけ身に付くものだと思います。講座中には、マインドマップをかきながら、「ああ、仕事だったらこういうシーンで使えるな」といつも考えていました。また、アドバイザー講座では、本当に幅広い分野、スキルについて学びながらマインドマップをかきますので、応用がききやすい。おかげで、講座の終了後、仕事への活用が非常にスムーズに行きました。

●ワールドカフェの結果をマインドマップにまとめたそうですね。
社内で価値観の共有のため、何度かワールドカフェを行いました。ワールドカフェは大人数の考えを全員参加で集約するのに役立つ非常に効果的な話し合いの方法で、参加メンバーは非常に良い対話を行い、考えを共有しました。ところが、ワールドカフェの結果をのちのち、どのように共有しておくか、これは結構大変なことなんです。文章にしてまとめてしまうと、対話の最中には共有されていた共通の感覚が失われてしまいます。今回も同様のことが起きました。文章化したレポートはみんなの気持ちを表現できていませんでした。そこで、表現方法を変えてみようと思い、私の発案で、ワールドカフェの結果をマインドマップに作成したのです。これは非常に好評でした。メンバーが発言したキーワードをそのまま表現できますし、関連性も表せる。非常に有効な方法だと思いました。
マインドマップは世界でも有数の仕事をするような企業においては、必須のスキルになっていくのではないでしょうか。みんながマインドマップを学べば、もっと日本が良くなるのではと思っています。
 

--------------------------------------------------


 

マインドマップ、30時間のトレーニングの体験談!

【裁判での立証内容の構造化に活用】
  弁護士 髙梨陽輝さん(静岡県)
【メディカルアロマテラピー教室での指導やカウンセリングに活用】
  特定非営利活動法人日本メディカルアロマテラピー協会認定スペシャリスト
  真田千奈美さん(広島県)
【青森県八戸市にて社会起業準備中】
  社会起業準備中 工藤秀之さん(青森県)
【監査法人を退職しオーストラリア行きを決意】
  元公認会計士 斎藤正人さん(東京都)