マインドマップ講座受講者インタビュー

メディカルアロマテラピー教室での指導やカウンセリングに活用

 

 

 

特定非営利活動法人日本メディカルアロマテラピー協会認定スペシャリスト
真田千奈美さん(広島県)

●マインドマップとの出会いを教えてください。

「マインドマップ」という名前は知っていたのですが、初めてマインドマップそのものを見たのは書籍です。書店でトニー・ブザンの「ザ・マインドマップ」をみつけ、初めて見たとき、「これがマインドマップか!」という衝撃がありました。
私は活字で学ぶタイプではなく、人の話を聞いたり、映画を見たりといったイメージを使う学習のほうが身に付くタイプなのですが、マインドマップを一目見て、これは使える!と思いました。

sanada chinami.jpg

 

●旧アドバイザー講座を受講したきっかけは何ですか?

直感的にいいものだと思ったので、すぐにインターネットで調べました。基礎講座(現在の一日集中講座)もありましたが、私はメディカルアロマテラピーを教える仕事をしているので、自分のためだけでなく、教える際にもマインドマップを活用したいと思っていました。そこで、きちんとした形で学びたいと思い、すぐにアドバイザー講座に申込みました。なので、アドバイザー講座に参加するまでは、一度もマインドマップを描いたことがなかったんです。
※(編集部注)マインドマップ・アドバイザー講座は制度変更のため廃止となりました。


●30時間のトレーニングをしてみてどうでしたか。

とにかく楽しく、30時間があっという間でした。初めてマインドマップを描いてみたときには、「私にもできるんだ!」という驚きがありました。絵を描くなんてことは今までしていませんでしたが、描いてみると楽しく、また嬉しい感覚がありました。
また、アドバイザー講座では、マインドマップについて学ぶだけでなく、マインドマップを幅広い分野の知識に活用するので、それがとても新鮮でした。たとえば演習では、経済や文学など、今まであまり掘り下げたことのない分野についてもマインドマップで深く考えてみることをします。今まで考えたこともないようなテーマなのに、マインドマップを使うと思考が広がる。これは私にとっては非常に刺激になり、また自信にも繋がりました。おかげで、講座が終了した後も、さまざまな分野に対して興味を持ち、深く考えてみるようになりました。

sakura-mindmap.jpg

●メディカルアロマテラピーの指導に、マインドマップはどう役立っていますか。


教室で提供できることが各段に増えています。
たとえば、メディカルアロマテラピーアドバイザーの方が入門講座を開く際、メディカルアロマテラピーの全体像を説明するのが難しいという声がありました。そこで、私が全体像のマインドマップを作成し、アドバイザーの方にご提供したところ、分かりやすいと非常に好評でした。今後は、身近な人達にマインドマップを教えて行きたいと思っています。私のマインドマップを使ってもらうだけでなく、自分のマインドマップを作成してもらえるので、さらに喜んでいただけます。

●カウンセリングにもマインドマップを活用しているとのことですが。

以前は傾聴中心のカウンセリングだったのですが、さらにプラスして、クライアントさんの話を聞きながら、聞いた内容をマインドマップに描いてあげるようにしました。これは非常に効果的でした。マインドマップは一目見て分かりやすく、全体の関連性が見えるので、マインドマップを見ているだけで、クライアントさんの頭の中がまとまり、自然と気づきが促されます。おかげで、カウンセリングの質も高まり、とても喜んでいただいています。
また、カウンセリングが終わったあと、そのクライアントさんについてのマインドマップを自分用に作成するようにしています。これを作っておくことで、クライアントさんについての情報を、すぐに思い出すことができ、とても役立っています。

●マインドマップを学んで良かったと思うことを聞かせてください。

マインドマップの良い点は、「まとまる」ということです。
人に話をする時にも、マインドマップがあることで、まとまりのある一貫性ある話をすることができますし、記憶においても同じです。カウンセリングでも、クライアントさんの頭の中がまとまってきますよね。マインドマップアドバイザーになってから、仕事の幅が本当に広がったなあと感じています。
 


--------------------------------------------------


 

マインドマップ、30時間のトレーニングの体験談!

【業務効率が10倍に!グローバル競争にキャッチアップ、部下育成・企画にも威力を発揮】
   元大手自動車メーカー開発部勤務 得能英通さん(東京都)
【裁判での立証内容の構造化に活用】
  弁護士 髙梨陽輝さん(静岡県)
【青森県八戸市にて社会起業準備中】
  社会起業準備中 工藤秀之さん(青森県)
【監査法人を退職しオーストラリア行きを決意】
  元公認会計士 斎藤正人さん(東京都)