マインドマップ講座受講者インタビュー


監査法人を退職しオーストラリア行きを決意


元公認会計士
斎藤正人さん(受講時東京都在住・現在オーストラリア・ゴールドコースト在住)

●マインドマップとの出会いを教えてください。

2009年6月に、塚原さんのフォトリーディング集中講座でマインドマップを知りましたが、苦手意識が強く、できれば、こんな物かきたくない、というのが最初の印象でした。絵を描くことや色を使うことに、ものすごく抵抗感がありました。「こんなものがいったい何の役にたつのだろう?」という感じです。当時の私は会計士補として仕事をしていたのですが、左脳的な思考法に慣れ切っていましたので、色や絵はまったく受け付けられなかったのです。論理性以外のものを排除する癖がついていたので、自然に連想することさえできませんでした。

saitousan.JPG


●旧マインドマップアドバイザー講座を受講してみてどうでしたか。

講座の初日の朝は、まだマインドマップへの嫌悪感がありました。ところが、その日の午後、どういうわけか、それまでできなかった連想が自然にできていることに気付き始め、だんだん面白くなってきました。メンタルブロックがはずれてきた瞬間だったのでしょう。ですが、まだ、絵をかくのはおっくうでした。
前半講座と後半講座の間の一ヶ月間、「クラスのみんなに負けずについていかなきゃ」という気持ちがあり、マインドマップをかきまくりました。1カ月でフルマインドマップを43枚作成したのです。マインドマップを大量にかいているうちに、自分の中で何かが変化していったのだと思います。以前の自分は、直感を信じるタイプではなかったのですが、アドバイザー講座が終わる頃には、自分の直感に素直になるようになっていました。すると、気持ちがとてもラクになり、思考も楽しみながらできることに気付いてきました。
私は公認会計士試験に合格するために、かつて必死になって勉強した経験を持っていますが、あの頃は詰め込み型の勉強法だったと思います。今は、自分の中から湧き起こる考えを大事にするようになりました。マインドマップと出会うことで、勉強法、思考法が柔軟になったと思います。
また、アドバイザー講座で出会った方々との人脈は本当に素晴らしいものだったと思っています。人としても能力的にも質の高い人たちが集まっていて、仲間から学ぶことがたくさんありました。

※(編集部注)マインドマップ・アドバイザー講座は制度変更のため、現在は廃止となりました。

saitousanMM.JPG

●監査法人を退職しワーキングホリデーに行くことを決めたそうですが。

アドバイザー講座を受講している時から、会社を辞めたいという気持ちはありましたが、自分のやりたいことが明確に定まっていませんでした。一方で、一流の監査法人に勤めていたため、そこで仕事を続けるほうが良いかなとも考えており、悩みの日々が続いていました。しかし、アドバイザー講座の受講後、自分の気持ちをマインドマップでかいているうちに、本当に自分がしたいことや、今後、進むべき道がだんだん見えてきました。アドバイザー講座の一年後、監査法人を思い切って辞める決意をし、新たな道を開くためにオーストラリア行きを決意しました。

●マインドマップを学んで良かったと思うことを聞かせてください。

マインドマップに出会って、今までとはまったく違う価値観を持つようになりました。理屈だけでは説明できない直感的なひらめきや、ラクな気持ちを大切にするようになったと思います。監査法人を辞め、心がとてもラクになりました。きっと本来自分の持っている良いものを押し殺して、無理をしていたのでしょう。それに、あんなに嫌いだったマインドマップが、今では大好きになりました。絵をかくことの楽しさが、今はよく分かります。
 

--------------------------------------------------

 
 

マインドマップ、30時間のトレーニングの体験談!

【業務効率が10倍に!グローバル競争にキャッチアップ、部下育成・企画にも威力を発揮】
   元大手自動車メーカー開発部勤務 得能英通さん(東京都)
【裁判での立証内容の構造化に活用】
  弁護士 髙梨陽輝さん(静岡県)
【メディカルアロマテラピー教室での指導やカウンセリングに活用】
  特定非営利活動法人日本メディカルアロマテラピー協会認定スペシャリスト
  真田千奈美さん(広島県)
【青森県八戸市にて社会起業準備中】
  社会起業準備中 工藤秀之さん(青森県)